・ハルイサンについて・ニュース・事業の目的・会社概要
       
 
 
 

 
 
 
 

新薬開発の検体名 “HARUISAN”について

 
 

人の免疫システム


外敵から体を守るシステムのことで、人間の体には、侵入してきた病原菌や毒性のある化学物質、突然変異によって生じた腫瘍細胞などを攻撃する免疫システム(免疫機能)が備わっています。


通常のタンパク質のかたまりであれば、バクテリアなどの微生物によって腐敗分解されてしまいますが、生物の体はこの免疫システムによって、ミクロの外敵と熾烈な闘いをくりひろげて、これらの外敵の侵入を防ぎ、排除することによって生体を維持しています。


たとえば、くしゃみは外から入ってきた異物を排除しようとする反応で、風邪をひいて熱を出すのは、免疫システムが風邪のウイルスと戦っている時の生体反応です。また、悪性腫瘍をはじめとする体の内部で起こる病気から体を守るとういうシステム、つまり“生体防御”という働きもあります。

 
 

生物の主な免疫細胞群

マクロファージ 体内に病原菌などの外敵が侵入してくると、まずマクロファージがそれを発見し、有害だと判断するとその情報をヘルパーT細胞に伝達し、免疫システムを呼び起こさせます。
ヘルパーT細胞 マクロファージから送られてきた抗原情報を認識、B細胞やT細胞に攻撃命令を出します。
キラーT細胞 ヘルパーT細胞からの命令をうけると直ちに、がん細胞やウイルスを追跡、細胞ごと破壊します。
サプレッサー
T細胞
キラーT細胞の攻撃により、外敵が一掃されると、他の免疫細胞に活動を中止するよう指令を出し、良性の細胞まで傷つけないようブロックします。
B細胞 ヘルパーT細胞からの命令をうけると、直ちに抗原に対する抗体を作り出します。免疫グロブリンというタンパク質を作り出し、これががん細胞やウィルスを駆逐していきます。
NK細胞 今までの命令系統とはまったく別にがん細胞などの敵を発見すると自分から進んで撃退していく細胞。免疫細胞群のなかで最大の攻撃力をもち、血液中でも細胞の中でも手当たりしだい攻撃を仕掛けていきます。
 
  通常健康人は、この免疫システムが健全に働いており、何の問題もありません。

しかし、多くの人は、様々なストレス、バランスの悪い食生活、大気汚染などの公害によってこの免疫システムが崩れて、各種疾患に悩まされているのが実状であります


・アトピー性皮膚炎
・喘息
・花粉症
・リウマチ

などは免疫システムの異常反応によるものであると言われています。
 
 

 
  抗アレルギー剤「 HARUISAN 」

上記のような、免疫力低下

異常な免疫システムを正常に作用させる効果があり、

 副作用が少なく、
 
即効性があり、
 
再発しにくい、

 上記特徴のある革新的な新薬を開発しております。

 

 


Copyright (C) MaterMagna co.,Ltd. All Rights Reserved.